【peer将棋部】 リレー将棋2016のページ 

NEWS peer将棋部リレー初戦は7月17日(日)!まさかのPeca勢対決!

リレー将棋は7月16日(土)より予選第1試合が開始。
peer将棋部では17日(日)にピアキャスオールスターズとHackingBoxが登場します。
なんと、まさかの同士討ち決戦となりました!

◆ 最終的にpeer将棋部の出場チームは4チームに。

前回の記事では、ニノンさんを中心とした「ニノンチーム」、かーみさんを中心とした「かーみチーム」 が未確定の状況でしたが、最終的にかーみチームに統合される形で最後のチームができあがりました。
今年のpeer将棋部からの出場は4チームに決定。 すでに各チーム、研究配信やSkypeでの作戦会議が始まっている模様です。

ピアキャスオールスターズ(佐賀さん、かまぼこ、てっそ、牛乳の人)


メルモンは情弱(tr、みるふぃ、半袖、w(´・ω・`)ノシ)


HackingBox(やくたみ、木箱、いまい、DoG)


わいわいPeca将棋(かーみ、うぃずゆう、さぼり、あひる、茶王、箙+うどん監督?)

◆ 予選は7月16日(土)よりスタート。17日(日)からpeer将棋部チーム登場!

リレー将棋は今年も例年同様、全チーム参加の予選からスタートします。
予選は「2勝勝ち抜け/2敗敗退」で、この予選で参加チームの半分が決勝トーナメントへ進出します。
peer将棋部は2日目の17日(日)から登場。夜9時対局開始です。
おそらくpeer将棋部の誰かが応援配信を立てると思いますので、リスナーの皆さんは配信も見ながら楽しみましょう。

それでは、それぞれ対戦相手を軽く紹介していきます。

7月17日(日) ピアキャスオールスターズ vs HackingBox
そう、そうなんです。
なんと最初の対局からいきなり「peer将棋部同士の対決」が実現してしまいました。

これまで数々のドラマが繰り広げられた同士討ち決戦。
今年はどんな将棋が見られるのでしょうか。

【チリさざえの勝手に戦型予想】
振り飛車党のてっそさんが加入したオールスターズ。 おそらく作戦として変化球は使わず、振り飛車(振り飛車穴熊?)を指してくるでしょう。 順番は佐賀さん→てっそ→かまぼこ→牛乳が順当か。
問題は対するHackingBoxがどのような戦型を選択するかです。 相手は3将でかまぼこさんが出てくることを考えると、2将までに有利を勝ち取っておきたいところ。 対振り穴の対抗形で分が悪いと見れば、居飛車でなく振り飛車を選択して相振り飛車にする可能性も考えられます。 ちなみにいまいさんは昨年のチーム「桃尻ズ」で相振りの2将を指し、鋭い踏み込みを見せていたのが記憶に新しいところです。

ということで、チリさざえの予想は「相振り飛車」と見てます。
さぁ、本番はどうなるんでしょうか?

7月23日(土) わいわいPeca将棋 vs 喫茶江戸川
わいわいPeca将棋の対戦相手は、リレー常連の「喫茶江戸川」。
昨年はベスト16まで駒を進めている強豪チームです。
今年はチーム登録がオープン参加になったこともあり、メンバー数は今大会最大の8人。
対戦相手の研究が難しく、わいわいチームにとっては厳しい当たりの1回戦となってしまいました。


【チリさざえの勝手に戦型予想】
わいわいチームも登録メンバー数は多く、(うどんさんも入れると)7名。
ただしレート上位のうぃずゆう、さぼり、かーみ、あひるの4名で組むと合計レートが6400を超えてしまうため、 誰か1人を外して茶王、箙、うどんの1名を入れる必要があります。
戦型はここに入ってくる人の得意戦法を選ぶのが無難ではないでしょうか。
(ちなみに茶王さん・うどんさんは振り飛車党、箙さんは居飛車党。)
昨年の江戸川チームは振り飛車を選択することが多かったようなので、チリさざえ予想は箙さん1将の対ノーマル四間対抗形としておきましょう。

そして戦型選択以外でも、わいわいチームは課題が山積と言えます。
圧巻のリレー勝率1割台を誇るリーダーかーみ。
人気YouTuberすぎて連絡がつかないさぼりん。
むぎちゃんによるキーボードの寝床占領が心配なあひる。
高校野球観戦でのうどん水摂取による熱中症が心配なうどん。
いやー、山積ですよこれは。


7月24日(日) メルモンは情弱 vs S-1
4チームの最後に登場するのが情強軍団「メルモンは情弱」チーム。
こちらもわいわいと同じく古株の強豪チーム「S-1」との対決となりました。
平均レートではメルモンチームと全く同じ。
厳しい相手ですが、チームメンバーは比較的楽観視している様子です。


【チリさざえの勝手に戦型予想】
チーム結成から毎週土日に研究配信を公開しているメルモンチーム。
序盤型のメンバーが多いだけに、戦型選択も様々な可能性が考えられそうです。
配信を見ている感じでは、相手の振り飛車にも居飛車にも備えつつ、1将によかおじを立てての居飛車が有力の模様。
左美濃からの速攻を中心に序盤で優位に立つ形を繰り返しているようですが、実戦はどんな戦略を立てていくのでしょうか?

→リレー将棋2016トップページ